おいしいコシヒカリのことでしたら
 水戸藩献上米 清流さとかわ米
を是非お試し下さい!

●フリーダイヤル
 
0120-52-5264

創業昭和参年 小松崎商事(株)
TEL 029-292-0343 
FAX 029-292-5252
〠311-3151
茨城県東茨城郡茨城町木部1148

私たちは、
皆さんの心のダムを
“ おいしいよ!みんなで食べて、みんなで笑顔”
の気持ちで一杯にし皆さんが笑顔で結ばれればいいな
と思っています。


玄米

米という字は八十八と書きますが、その昔から、お米を作るためには88回の手間ひまがかかると言われています。

稲刈りをした時は米の水分が20から22%くらいあります。
そして、現在ほとんどの米は乾燥機で15%まで水分調整します。
その時点ではもみの状態です。
その後、もみすりをして、玄米にします。

玄米を精米して白米になります。

精米の過程で出来たのが糠です。

栄養価は字の如く玄米の方が断然高いです。
米に白いとかいて、カス 米に健やかとかいて糠

日本人はこの糠を漬物に使って、栄養のバランスをとってまいりました。

では、具体的米の栄養価は食物繊維、カリウム、カルシウム、リン、鉄分、ビタミンB、ビタミンEが含まれ、非常にバランスがいいのです。

また、ごはんを食べたときより、パンを食べたときの方がインシュリン値が強く分泌されるので、同じ量の脂肪分を摂取しても、ごはんのほうが脂肪細胞に比較的摂りこまれにくい事が分かります。つまり、ごはんはパンより太りにくいのです。


私たちは知らず知らずのうちに「環境ホルモン」や「食品添加物」などを日々体内に取り入れていますが、これらの有害物質を体外に排出・解毒するのが、玄米に含まれる豊富な食物繊維と「フィチン酸」、「フェラル酸」です。

今から約50年ほど前、水俣市近辺で公害病「水俣病」が発生しましたが、玄米食にしていた家族は同じ水俣湾の魚をを食べていたのに発病しなかったという話があります。

まぎれもなく、玄米の持つ解毒作用が発病を防いだのです。